Cafe Evil 9

Cigarettes, ice cream, Figurines of the Virgin Mary ♪

Luxman

たかが増幅機で、どうしてここまで音が変わるのか

うまく言えないのですが

1970年代の太古から

らっくす党といわれる人たちが存在するのだそうで

ひょっとしたら

我が家は、その末裔なのかなぁと・・・

秋葉がアニメ街でもパソコン街でもなかった大昔

特に秋葉に限らず

普通の電気店にもそこそこの規模の

オーディオ視聴コーナーがありました

通例、アンプとカセットデッキとスピーカーを切り替えて

視聴できるようになっていました

CDもなかった時代なので

お気に入りの音楽をレコードから録音したカセットテープを持って

視聴コーナーに出かける日々

そこで、他のアンプとは明らかに異なる

ふくよかでパンチの効いた音を出していたのが

ラックスの(真空管ではなく)トランジスターアンプでした

おかげで、約半世紀に渡り、我が家は

ラックスです

今はL-305

2012年、1980年代に主流だった回路をベースに

突如リリースされたアンプです

アキュフェーズもどきのような針式2連メーターの外観に

悶々とした日々を払拭するように

木箱入りの伝統的なルックスで登場

即買いでした!

ちょうど、それまで使っていたLー58A

の具合が悪くなっていた頃でした

Lー58Aの横向きのレバーのレイアウトの美しさは

これまでのラックスのパネルデザイン史上

もっともゴージャスで究極だったと

今でも思っているのですが、

L−305は70年代のQLシリーズのデザインのリバイス

それはそれで丹精かなぁと・・・