Cafe Evil 9

Welcome back my friends to The Show that Never Ends !!! ぷろぐれの拡散を謀っている怪しいブログですが、日々の出来事などを小出しにしつつ、ふつうのブログ化を推進中♪

INDEX : 掲載アーチスト/アルバム(A - Z)などの目次です♪
HOME
about
はじめてのぷろぐれ
ぷろぐれについて語る
復刻!ぷろぐれ神社
♪推しです
BABYMETAL
Kansas
Yes
ELP
Genesis
Pink Floyd
King Crimson
prog-rock
symphonic
jazz rock
canterbury scene
psychedelic
avant-garde
electronica
folk, trad
US hard
hr / hm
prog-metal
thrash metal
doom metal
rock / pop
punk
jazz / fusion
decades
1950s
1960s
1970s
1980s
1990s
2000s
2010s
2020s
country
UK
Ireland
Italy
Germany
France
Belgium
Switzerland
Netherland
Denmark
Sweden
US
Canada
Japan
Artwork
Roger Dean
Keef
Hipgnosis
Peter Lloyd
diary
プチ旅
B級グルメ
沖縄
オーディオ
ジャンクフード
ねこ
読書?
※ このペ〜ジの総合目次と記事をカテゴリー別に整理したペ〜ジを上のボタンにまとめました。このペ〜ジをブラウズする際にお試しください!

Focus / At The Rainbow

 フォーカスは1970年代に欧米のメジャー・シーンで活動をしていた稀なオランダのロック・グループです。「At The Rainbow」は、1973年5月5日のライヴ録音。リリースは1973年10月。メンバーはThijs Van Leer(vo,organ,flute) Jan Akkerman(g) Bert Ruiter(b,vo) Pierre Van Der Linden(dr)の4人。

 フォーカスは、1972年のレディング・フェスティバルに出演した後の約3年間が全盛期でした。このアルバムが出た73年には、メロディーメーカー誌のリーダーズ・ポールでグループ部門第2位を記録しています。当時の人気の高さが窺えますよね。これは、丁度その時期にレインボウ・シアターで行われたライヴです。これだけでも質の高さが窺えるのではないかと思います。

 また、選曲の面では、フォーカスがこのアルバムよりも前にリリースした3枚のスタジオ盤から、オイシイ部分を厳選した内容となっています。彼らは楽器の生の響きを大切にした曲作りをしているバンドです。音圧ではなく、自然な楽曲の中で個々のソロの美しさを聴かせるタイプということですね。このライヴでも、そうした演奏の質感は、スタジオ録音と変わることなく、自然に伝わってきます。

 3つ折りの変形ジャケットもいいですよね~。なんだか、ジャケットがこういう形をしているっていうだけで、嬉しくなってきませんか?…病気でしょうか?装丁まで含めて力の入れようが伝わってきて、中身の音楽もすごくいいものなんだろうなぁという期待感が膨らむってモノですよね~。ず~っと聴き続けているのはA面なのですが、B面の悪魔の呪文とその中でメンバー紹介をするくだりもツボです!

 さて、聴いているところを人に聞かれるとヤバイ音楽っていうのがいくつかあると思うんですよね。洋楽の場合は、それなりに長年聴いてきた人にそれを聴いているところをみられたくないみたいなもの。たとえば、ストロベリー・スウィッチブレイドはアリだけど、オリビアニュートンジョンのフィジカルはNGみたいな、そんなノリです。

 この前、某所のエレベーターの中で、40代後半くらいのおぢさんが、イヤホンからシャカシャカ大音量でボンジョビリヴィン・オン・ア・プレイヤーを聞いていまして、音漏れが甚大だったのですが、おぢさんは全く周りを気にしていなくって、思わず苦笑してしまいました。フォーカスの悪魔の呪文の音漏れはそれとは違う意味で相当ヤバイかも^_^;

 ということで、悪魔の呪文をどうぞ。