Cafe Evil 9

Welcome back my friends to The Show that Never Ends !!! ぷろぐれの拡散を謀っている怪しいブログですが、日々の出来事などを小出しにしつつ、ふつうのブログ化を推進中♪

INDEX : 掲載アーチスト/アルバム(A - Z)などの目次です♪
HOME
about
はじめてのぷろぐれ
ぷろぐれについて語る
復刻!ぷろぐれ神社
♪推しです
BABYMETAL
Kansas
Yes
ELP
Genesis
Pink Floyd
King Crimson
prog-rock
symphonic
jazz rock
canterbury scene
psychedelic
avant-garde
electronica
folk, trad
US hard
hr / hm
prog-metal
thrash metal
doom metal
rock / pop
punk
jazz / fusion
decades
1950s
1960s
1970s
1980s
1990s
2000s
2010s
2020s
country
UK
Ireland
Italy
Germany
France
Belgium
Switzerland
Netherland
Denmark
Sweden
US
Canada
Japan
Artwork
Roger Dean
Keef
Hipgnosis
Peter Lloyd
diary
プチ旅
B級グルメ
沖縄
オーディオ
ジャンクフード
ねこ
読書?
※ このペ〜ジの総合目次と記事をカテゴリー別に整理したペ〜ジを上のボタンにまとめました。このペ〜ジをブラウズする際にお試しください!

Starcastle / Fountains of Light

 1977年1月にリリースされたスターキャッスルの2ndアルバムFountains of Light。まず、ジャケット・アートが凄く目をひきますよね。音はともかく、当時、このジャケットだけでも欲しいと思いましたからね~"^_^"

 作者はピーター・ロイド。カンサスの暗黒への曳航の作者です。彼の描いた最もメジャーなカヴァーアートはロッド・ステュワートのアトランティック・クロッシングではないかと思います。光の粒の描写が一際鮮やかです。

 このアルバムが発売された1977年は、前年にボストンが衝撃的にデビューを果たしチャート上位を占め続け、更にカンサスが永遠の序曲を発表してブレイクした直後です。正にアメリカン・プログレ・ハードのウェーヴが起こりつつあった時期でした。

 このスターキャッスルも同様に注目を集めていたわけです。エピックとの契約を果たしたスターキャッスルの第2作目ということで、また、そうした動きの中で登場したアーチストでしたから国内盤を出しているソニーもそれなりに力を入れてたみたいで、カンサスが77年に発表した不動の名作「暗黒への曳航」のライナーノーツの隅にもボストンの1stとともにこのアルバムが印刷されていました。

 このアルバムのライナーノーツは、当時のロック雑誌の編集長5名が書いています。この点について言えば、ジェフ・ベックピンク・フロイド並の待遇です。しかしながら、ライナーの内容を見ると、イエスに似てるとか、まぁ最近まで語られている彼らの評価の元凶ともいえる文章が並べられています。普通のプロモーションでは商売敵のワーナーのグループに似てるなんでいうコピーは禁句だと思うのですが。当時は、まだまだ大らかだったんですね。

 ネット配信的な天敵が登場しようとは夢にも思っていない時代でしょうから、ビジネス的にはドメスティックな共存共栄思想の中で、評論といいつつも学芸会的なノリだったのでしょうかね~。曲名の邦題も酷いです。A2は「燃える夜明け」。どこかで聞いたような・・・。

 さらに、ライナーのヘッドには「スターキャッスルはアメリカン・ロックの土壌の上にスペイシーな音を駆使してポップなプログレチック・ロックを創り上げてしまった」という失礼なコピーが入っています。売ろうとしてるのに傍点付きで「チック」はないのではないかと。商売っ気がなさスギです。

 まぁ、そんなわけで、我が国では偏見丸出しのレッテルを貼って市場に投入され、微妙にコケてしまったスターキャッスルではありますが、そういう摺り込み系の事前知識をすべて無視して素直に聞くと、素晴らしくいい音を出しています。

 第一に演奏がしっかりとしています。流石にアメリカのバンドだけのことはありリズムキープや音程が正確です。アンサンブルの縦線がビシッと揃っています。イエスのハウ爺のお粗末なタイム感とは比較にならないくらい。

 第二にファースト・アルバムと比較してみると、同一路線でありながらも、無駄な部分がそぎ落とされ楽曲が相当にシェイプされていまして、緻密な演奏であるにもかかわらず音も力強くぐいぐい前に出てきているという印象です。イエス的に聞こえる部分はボーカルの声質とギターのか細い音色くらいではないかと思うのですが。ちゃんと聴くと、意外にも骨太でアメリカのバンドらしい仕上がりだと思います。何よりのアクセントはシンセの装飾音です。エッジが立ったリード音はかなり好みです!当時売り出し中のプロデューサー、ロイ・トーマス・ベーカーの力技だったのかもしれませんね。

 アメリカン・プログレ・ハードといわれるバンドの音にもある程度の幅がみられますが、スターキャッスルの音は、最もブリティッシュに近いのではないかと思います。僅か4枚で姿を消した短命のバンドの最高傑作です!