Cafe Evil 9

Welcome back my friends to The Show that Never Ends !!! ぷろぐれの拡散を謀っている怪しいブログですが、日々の出来事などを小出しにしつつ、ふつうのブログ化を推進中♪

INDEX : 掲載アーチスト/アルバム(A - Z)などの目次です♪
HOME
about
はじめてのぷろぐれ
ぷろぐれについて語る
復刻!ぷろぐれ神社
♪推しです
BABYMETAL
Kansas
Yes
ELP
Genesis
Pink Floyd
King Crimson
prog-rock
symphonic
jazz rock
canterbury scene
psychedelic
avant-garde
electronica
folk, trad
US hard
hr / hm
prog-metal
thrash metal
doom metal
rock / pop
punk
jazz / fusion
decades
1950s
1960s
1970s
1980s
1990s
2000s
2010s
2020s
country
UK
Ireland
Italy
Germany
France
Belgium
Switzerland
Netherland
Denmark
Sweden
US
Canada
Japan
Artwork
Roger Dean
Keef
Hipgnosis
Peter Lloyd
diary
プチ旅
B級グルメ
沖縄
オーディオ
ジャンクフード
ねこ
読書?
※ このペ〜ジの総合目次と記事をカテゴリー別に整理したペ〜ジを上のボタンにまとめました。このペ〜ジをブラウズする際にお試しください!

Univers-Zero / Uzed

 ベルギーの暗黒チェンバー・ロック・バンド、ユニベル・ゼロの4作目ユーズドです。1984年のリリース。メンバーが交代し、肝であったオーボエがいなくなりましたが、メロディーの怖さは相変わらずです。そうした中、4作目ともなると聴く側も随分と慣れてきて、意外と平常心で鑑賞できるレベルに昇華されています。一言で言うと、前衛古典風味ジャズロックですかね。

 収録曲は、 Side 1 - 1.Présage(9:48) 2.L'Étrange Mixture Du Docteur Schwartz(3:52) 3.Célesta (For Chantal)(6:55) // Side 2 - 1.Parade(6:37) 2.Émanations(15:43)。特に1曲目の「前兆」は、彼らのなかでもとりわけ急速調の演奏で、いわゆるプログレフュージョンの中間あたりの聴感です。

 2曲目「ドクターシュワルツの好奇心が強い混合物」は強力なビートとピアノ、室内楽器による変拍子を多用した怖いけどユーモラスな曲。3曲目の「(シャンタル用)チェレスタ」は、暗黒面全開でロックの片鱗が見えない曲。ほぼほぼ現代音楽です。4曲目「パレード」は1曲目と同様彼らの演奏にしてはなかなかスピード感のある曲。こうしたあたりが変化ですね。そして終曲「発散」は15分に及ぶ暗黒超大曲です。ユニ・ゼロはこう来なくてはという、従来からの暗黒ファン納得の1曲です。

私的には、これが、ユニ・ゼロの中で最もローテ率が高いアルバムです。一般的に最高傑作と言われている祝祭よりもリズムが軽いところがツボです。

 ちなみに、このアルバムは、「1313」などと同時に1990年初旬、まだネットが一般的ではなくダイヤルアップ接続のniftyパソ通が主流だった時代に、frockのプログレ隔離室に出入りしていた人たちとのオフ会で入手したものです。入手先は、御茶ノ水のジャニス。レンタル落ちです。「俺(私)にも云わせろヨ!」という交換日記がついていまして、ライナーがわりに楽しく読ませていただき、当時の貴重な資料として厳重に保管させていただいております。当時これに書き込まれた方、いらっしゃるのではないでしょうか?