Cafe Evil 9

ごくごく普通の何の変哲もない平凡でどこにでもあるようなブログです♪

◯ 1976年 ♪

Jon Anderson / Olias of Sunhillow

1976年、イエスはアルバムをリリースしていませんが、1975年暮れから1976年にかけて、イエスの各メンバー(スティーヴ・ハウ、クリス・スクワイア、アラン・ホワイト、ジョン・アンダーソン)が、それぞれ、アトランティック・レーベルからソロ・アルバムを…

Aerosmith / Rocks

エアロスミスの「ロックス」です。1976年リリース。 中古屋巡りをしていると、このアルバムがこの値段でいいの?・・・っと、70年代世代は目を疑いたくなることがあります。 そのひとつがこれ。最近、エアロスミスやパープル等、70年代にピークを築いた…

Queen / A Day At The Races

クイーンは、本国イギリスよりも先に、日本で女子中高生を中心にブレイクしました。当時のルックスについていうと、ロジャー・テーラーは少女漫画系の美系でしたが、ブライアン・メイは普通にチリチリのロン毛のロッカーって感じ、他方でフレディー・マーキ…

Led Zeppelin / Presence

1976年3月に発売されたレッド・ツェッペリンの7番目のアルバム「プレゼンス」です。このアルバムも1976年です!やばくないですか1976年! ツェッペリンは、アルバムを制作する度に新たな試みを加え、常にそのサウンドを進化させてきました。・・・と言っても…

Return to Forever / Romantic Warrior

マーキーのアメリカンロック集成には何故マハビシュヌが堂々と表紙になり、しかも特集まで組まれていて、RTF(リターン・トゥ・フォーエバー)は隅のほうにちょろっと載っている程度なんだろう・・・というのが昔から不思議でした。 どちらも、世間一般の常…

Thin Lizzy / Jailbreak

1976年リリース、シン・リジィの脱獄です。シン・リジーはアイルランドのバンドです。当時は国民的英雄的なバンドだったんだのだとか。 このアルバムは大昔から持ってたのですが、当時、フィル・ライノットの声質に馴染めず、長い間棚の肥しになっていました…

Bob Dylan / Desire

ボブ・ディランの「欲望」です! ボブ・ディランをテレビで見たのは80年代のUSA for Africaの収録風景が初めてではなかったかと思います。その時の印象は唸ってるだけで歌っていない…というか、スティーヴィー・ワンダーがモノマネした通りになぞっていた感…

Jeferson Starship / Spitfire

ジェファーソン・スターシップのスピットファイアです。1976年のリリース。長岡秀星画伯によるエキゾチックな香り漂うジャケットの迫力は、只者ではありませんよね! もう、このジャケットを眺めるだけのために、このアルバムをLPで手元に置いておきたくっ…

Doobie Brothers / Takin’ It To The Streets

ドゥービー・ブラザースは、カリフォルニアで結成されたバンドです。「ドゥービー」とはスラングでマリファナのことだそうで、結成当時、回し吸いしながら誰かがつぶやいた言葉がグループ名になったといわれています。 彼らは1971年にアルバム・デビュー…

Eagles / Hotel California

似非ロック・ブログなのに、イーグルスやクィーンなどといった定番品を全く上げていないので、ちょっと拡充しようかなぁということで、最初はイーグルスのこの定番アルバムです。 1976年は、ロック史を眺めてみたときに、マスターピースが数多くリリースされ…

Starcastle

1976年にリリースされたスターキャッスルのファーストアルバムです。 スターキャッスルはイエス似と言われるのですが、その原因はボーカルの声質がジョン・アンダーソンに非常に良く似ているからなんでしょうね。 曲まで本当に似ているかというと、ところど…

Steve Miller Band / Fly Like An Eagle

スティーブ・ミラー・バンドが1976年にフライ・ライク・アン・イーグルをリリースした44年後、イン・ディス・モーメントがアルバム・マザーの冒頭でこの曲をカヴァーしました。こちらは、インタールード付きで始まるゴシック且つインダストリアルなメタルコ…

Rick Wakeman / No Earthly Connection

1976年にはこんなものも出ていました。当時イエスのキーボーディストであり、同時にA&Mレコードとソロ契約もしていたリック・ウエイクマンのノー・アースリー・コネクションです。面白いくらいコテコテのプログレです! 前作までのオーケストラとの共演路線…

Genesis / Wind & Wuthering

ジェネシスのWind & Wuthering。邦題は静寂の嵐です。 ピーター・ゲイブリエル(vo)が抜け、フィル・コリンズがボーカルとなった第2作です。この頃は、まだ、フィル・コリンズの声の抜けが十分ではなく、高音域になるとちょっと息苦しいところは否めませんね…

The Enid / In The Region of The Summer Stars

1976年リリース、エニドのIn The Region of The Summer Starsです。 最初に買ったCDはベル・アンティークから出たもので三輪岳志さんのライナーがついていまして、ユーロ・ハンド・ブックなどへの思い入れが書かれています。たかみひろしという人はどんな…

Manfred Mann's Earth Band / The Roaring Silence

1976年リリースのThe Roaring Silence、邦題「静かなる叫び」です。 このアルバムは、マンフレッド・マンズ・アース・バンド最大のヒットアルバムで、全米第1位となったBlinded by the light(光に目も眩み)が収録されています。この曲はブルース・スプリ…

Styx / Crystal Ball

1976年にリリースされた「クリスタル・ボール」です。 スティクスは、当初、ウッドン・ニッケル・レーベルと契約し、4枚のアルバムを発表しました。個人的には、この4枚は、荒削りで未整理ながら、アメリカン・ポップとシンフォニックなプログレッシヴ・サ…

Rush / 2112

インデックスを読み返してみて、まだラッシュを載せていなかったことに気がつきました。1976年にリリースされた2112です。 パーマネント・ウエイヴズが発売された直後の81年にエピックから再発された際に、ア・フェアウエル・トゥ・キングズ、神々の戦いとと…

SFF / Symphonic Pictures

SFFのSymphonic Picturesです! SFFはトリオ編成のバンドで、正式名称はSchicke Führs Fröhling。メンバーであるEduard Schicke(dr,key),Gerahard Fuehrs(key),Heinz Froehling(b,g,key)の3人の名前をバンド名にしたものです。当初スイスのバンドとして国内…

Leviathan

リヴァイアサンはアメリカのバンドです。出身地はアーカンソーだそうです。大田舎ですね。カンサスにしてもそうですが、よくこんな土地からプログレ・バンドが生まれてくるものだなあと。しかも、リヴァイアサンの方は専業のメロトロン奏者付きで、全面メロ…

Kiss / Destroyer

初めてハマった洋楽・・・というのがこのキッスでした。NHKのヤングミュージックショーで観たのがきっかけでした。当時は、写真集とか楽譜とかいろいろ持ってたけど、いまじゃ、ほとんど手放してしまっていて・・・最近になって再び当時のLPを大人買い…

Scorpions / Virgin Killer

.txt-hide{ display: none; } button.more { width: 150px; margin: 20px auto; display: block; background-color: #666; color: #fff; padding:10px 15px; border: none; border-radius: 20px; outline: 0; transition: .5s; -erbkit-transition: .5s; } b…

Camel / Moon Madness

月といえば、こっちでしたね。1976年にリリースされたCamelのMoon Madness、邦題は「月夜の幻想曲」です。 手元には2001年の紙ジャケと1976年の邦盤LPがあります。以前はオリジナルもありましたが手放しました。オリジナルLPは内ジャケの色が白で、紙ジ…

Kansas / Leftoverture

本日、中秋の名月ということで、「月に吠える」が入っているこのアルバムです。1976年10月にリリースされたカンサスの第4作。Leftovertureです。邦題は「永遠の序曲」。 カンサスは1970年に結成されたアメリカのバンドです。アメリカン・ハード・プロ…

Nazareth / Play'n'The Game

70年代ハード・ロックの中で私的に極め付けの1枚・・・ってことで・・・これを載せてみました!ナザレスです!1976年11月のリリース。Play'n' the gameです。なぜか、非売品見本板(^^;; ナザレスは、1969年から70年代初期にかけてLed Zeppelin、Deep Purp…

Boston

スティクス、カンサス、ジャーニーときたら、これしかないですね!Bostonが1976年にリリースしたファーストアルバム、邦題「幻想飛行」です。ファースト・アルバムにして最高傑作!!! ボストンは、アメリカン・ポップスとプログレ的なオーケストレーションの手…

Ethos / Ardour

イーソスってどういう意味だろうとググって見ると「エートス (古希: ἦθο?, ἔθο?; ethos, 複: ἤθη ἤθεα; ethe, ethea) は、「いつもの場所」 (ἤθεα ἵππων) を意味し、転じて習慣・特性などを意味する古代ギリシア語である。他に、「出発点・出現」または「特…

Gong / Shamal

ジャズロックらしいジャズロックというのはロックの歴史を概観する上では絶対に外せません。そこで、一押しなのがこのシャマールです。 ロックというよりはテクニカルなフュージョン感覚ではありますが、ジャズとロックのどちらのフィールドから出てきたのか…

Blackmore's Rainbow / Rainbow Rising

Rainbowの第2作。邦題「虹を翔ける覇者」です。 レインボウは、1975年にディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアが、同年、ボーカリストのロニー・ジェイムス・ディオと一緒に、彼の所属していたエルフ(アメリカのバンド)のメンバーを加えて…